乳頭舐め

 乳頭舐め希望の18歳、女子大生と知り合いました。
敏感な乳首をいっぱい舐めて欲しい、そんな妄想を持っていたようです。
「デブだから、彼氏ができないんです」
そう話す雪乃でしたが、テレビ電話で彼女を見たら、デブという範疇ではありませんでした。
どちらかと言えばムチムチ系。
30代、中年の欲望をそそる、ナイスな肉体。
「そんなに、乳頭舐めされたいのなら、こってりとやってあげられるよ」
「いっぱいされたら、頭がおかしくなるかも」
「それは、女として幸せなことだろ」
「うん」
雪乃と意気投合した瞬間でもありました。

 見た目も全然悪くはないんです。
ちょっと地味ではあるけれど、全然ブスではない。
若いから、魅力たっぷりに見えてしまいました。
乳頭舐めされたい彼女のバストはかなり大きい。
「何カップぐらい?」
「Fに近いEです」
納得の巨乳ちゃんでした。

 女子大生の肌は新鮮そのもの。
すべすべで美しい。
乳房の膨らみも、素晴らしい弾力を保っています。
「たっぷりと、乳頭舐めしてやるな」
「うん」
恥ずかしそうな表情で返事をしてきます。
薄いピンク色の乳首が、やたらと美しい。
指で弄りながら刺激を与えて行く。
つまんでみたり、押し込んで見たり、引っ張ってみたり。
そして彼女待望の、乳頭舐め。
乳首責めする為に乳首用のおもちゃを用意してくれたセフレ
「はぁっ、あっ、あああ」
あっという間に喘ぎ声を出し、オッパイの快楽を味わっていきます。
「オマンコ、濡れてしまってるんだろう」
「うん、オッパイ触られちゃったから、出ちゃってる」
オッパイをしゃぶりながら、オマンコも触って行く。
濡れたオマンコは、下品な音を立てていました。
オッパイとオマンコ同時刺激していくと、彼女突然絶頂へ。
体を震わせていました。

 フェラをさせ、クンニもしてやり、性感帯をたっぷり刺激した後、締め付けの素晴らしいオマンコの穴に突っ込んでいきました。
猛烈な喘ぎ声を出してくれる。
挿入でピストンしながら、乳首も刺激してやる。
完璧に、オーガズムを感じてくれました。
乳首舐め
クリ開発

車内プチ援

車内プチ援とは、男の車の中でやるものだと思っていたのだが、割り切り掲示板で話を決めたチカさんが待ち合わせの目印として指定してきたのは、コンビニの駐車場に止めてある黒いステーションワゴンだった。その通りに、そのコンビニには目印の車が駐車されていて、車体に凭れながらスマホを見ているチカさんの姿があった。スラリと長身でベリーショートの快活そうな女性だった。「チカさんですか?」と声をかけると、スマホから顔を上げたチカさんは「こんにちわ」と目を細めた。
「うん、私の車ですよ」と、チカさんに促されるまま乗車した僕に返事しながら、彼女はエンジンに火を点れた。タバコや食べ物などの不快な臭いがしない清潔感溢れる車内だった。
チカさんは、このマイカーで時間が空いた時に車内プチ援をしているそうだ。車内って男が車を持ち込むイメージを持っていた、と言うと「そりゃ確かにそうかもしれませんね」とチカさんは笑った。だいたい、マイカーを持っているような女性には援助交際なんて必要ないだろう。金銭的に困っているようには思えない。
セフレの作り方を完全習得して2人の女子大生と大人の関係
「いえいえ、そんなことないですよ」と、人気のない立体駐車場に入った僕は、さっそくチカさんのサービスを受けた。チカさんは僕が座っている助手席のシートを倒すと、そのまま僕に覆いかぶさってきて熱いキスをしてくれた。「車は私にとって生きるために必要な経費ですから」とチカさんは言った。チカさんはバツイチであり離婚協議の財産分与の時に親権と車だけは勝ち取ったのだそうだ。そんな話をしながら、チカさんが生きるための必要経費の中で、体を密着させた手コキに僕は果てた。
そして、駅の近くまで送ってもらった僕は、このまま別れるのも名残惜しいと思い、お茶でもどう?と誘ってみた。「ありがとう、でもごめんなさい。これから行くところがあって」とやんわりと断られた。どこに行くの?と聞くと「娘を保育園へ迎えに行くんです。来年から小学校だからお金いるんですよね」とチカさんはちょっとはにかみながら答えた。車と娘、どちらもチカさんが生きていくために必要なかけがえのない財産なのだろう。
浮気したい
人妻の不倫

車の中でフェラチオ

昔はさ、俺が子どもの頃の話しだけど、車の中でフェラチオしてるカップルってゴロゴロいたよな。
俺も、昔夏休みに友達数人と夜に遊びに出て、そこで車の中でフェラチオしてるカップルを観察したりしてたよ。
そういう車の中でフェラチオしてるカップルも分かってるんだよ。
子どもが見てるってこと。わざと見せてるの。
男の方なんかは、見られてるの分かってて、わざと「こうやってやるんだ」みたいな?教えてやってる感覚だったんじゃないの?
俺が子どもの頃は、そういう感じで、セックス現場なんかもよく目にしたし、のぞき見してても、みんな割とおおらかだったよね。
アンアン聞こえてるところの傍で聞き耳立ててたら「坊主も参加するか!」なんて声かけられた時もあったし。
フェラ
びっくりして慌てて逃げたけど(笑)
昔は、そういう意味で色々とおおらかだったんだよ。
今は、車の中でフェラチオなんて言ったら、通報されるからね。
青空セックスなんてできない時代になってんのよ。
昔は良かった・・・というより、そういうことをする場所がなかったから、仕方なく外でしてたって感じなんだろうね。
今はラブホとかもたくさんあるし。場所に困ることはないんだろうけど。
だけど、セックスが日常の手の届く範囲にある昔の方が、何かと色々とおおらかで大胆で、もっと人が生き生きしてたような気がするんだよね。
オヤジの昔は良かった話って笑われるんだろうけど。
そういう時に見てた光景っていうのが、自分の原風景みたいでさ、なんか時代が変わるとそういうのが懐かしくなるんだよ。
援デリ業者
援助交際デリバリー

ツイッターでオフパコ

私はあるオフ会に参加したんだ。
そしたら、以前に会ったことある男性が来ていて、すんごい盛り上がって、彼と二人で2次会をすることになった。
彼はなんだか異常にスマホを警戒しているので、どうしたのか聞くと、以前にオフパコした女性の話をしてくれた。
彼女は彼とのことをツイッターでオフパコしたよとつぶやいていたんだとか。
二人してツイッターでオフパコはやばいねぇーと言い合ったが、何となく無言になってしまった。
とりあえず、ツイッターでオフパコ禁止と決めて、二人でホテルに行った。
まぁ、セックスはするんだけどね。
ホテルの部屋で大きなベッドにダイブすると、彼が体を私の上にかぶさってきた。
自然と唇が触れ合った。
彼の舌が口の中に入ってきて、自分も舌を絡めかえした。
絡み合う舌が気持ちよくて、子宮がジーンっと熱くなるのを感じた。
私は気が付けば息が乱れていて、彼にブラウスのボタンを外されていた。
オフパコ
そのまま、彼の舌が私の首に、胸に、お腹にと落ちていく。
彼の唇が触れるたびに、私の身体はビクンっと反応してしまった。
彼は私の下着を脱がし、下をクリトリスに這わせてきた。
今までとは違い、直接的な強い刺激に、私はその瞬間にいってしまった。
自分でも驚くくらい身体が敏感で、どうにかなってしまいそうだった。
彼は、そんな私をみてニヤリと笑うと、マンコの中にも舌を差し込んできた。
彼の唾液なのか、自分の愛液なのかわからないものでビショビショになる。
彼はそんなビショビショのマンコに自分のチンコを押し込んでくる。
グイグイと中に入ってくる、チンコに私の身体は敏感に反応した。
今まで中でいけたことがなかったので、彼のチンコが奥をつくたびに高まっていく感触はすごく新鮮だった。
オフパコ程度の付き合いの所為か、いつもより大胆に感じられた気がする。
セフレの作り方
セフレの作り方

センズリの見せ合い

地方によって、隠語って違ってくるんだなと思ったんだけど、俺の彼女、某奥地の出身なのね。
大学の時に知り合って付き合いだしたんだけどさ。ちょっと色んな言葉で時々方言が出て、分からない時がある。
オナニーの見せ合いしようと提案した時はびっくりした。
「え?オナニー?・・・・あぁ、センズリの見せ合いのことね」って言われて、「は?センズリの見せ合い?」
それで、お互い「オナニーだろ」「センズリだよ」って言い張って。
結局俺が折れて「じゃ、センズリの見せ合いしよう」って言いなおしたんだけどね。
「お前の地元、センズリって言うんだ?」ってあらためて言ったら「え?全国的にセンズリなんじゃないの?」って当たり前の顔して言われた。
いやいや、センズリって・・・普通、オナニーとかマスターベーションとか。。。
センズリって言葉知らない人の方が多いんじゃないかなぁ。
テレフォンセックス
センズリなんて言うと、日本古来の特殊な大人のおもちゃを使ったプレイってイメージしちゃう・笑
「じゃ、センズリの見せ合いも、縛りを設けよう」なんて彼女言いだして・・・。
縛りってその縛りかよ?って思った・・・ヒモ持ちだすんだもん!
「私もヒモでセンズリするから、(俺)くんも、ヒモでやって見て!」だって!
どうすんだよ、ヒモで・・・やったことねーし。
「えー、うちの地元では、ヒモでセンズリすると気持ちいいってみんな言ってるよ?」
っていうか、お前の地元、どういうところだよ!
センズリ王国か!センズリが支配してる国なのか?
オナニー鑑賞
オナ見せ

裏垢

某キャバクラのキャストしてた子なんだけど、裏垢で、お客の愚痴とか、店の子の悪口とか、そういうの書きまくってたらしい。
その裏垢が店にバレて、辞めさせられたらしいよ。
私は、その子とはあんまり付き合いなかったんだけど、その裏垢見てた子から話を聞いたら、私の悪口もいっぱい書いてあったらしい。
私が、そのキャバクラで働いていながら、借金返済のためにウリやってるとか、人の客を横取りするとか、そういうことを書いたりしてたって。
っていうか、人の客を取るってことは、なかったとは言わないよ。
その客についてたキャストの子がよく休む子で、それで、私が代わりに入ることが多くて、結局その人もだんだんと私を指名するようになってきて・・・。
別に取ろうと思って取ったわけじゃないからさ。
JCと援交する
その子は、私に客を取られたことがショックで店を辞めたとか、裏垢に書かれていたけど、真実は全く別だからね。
その子、休みがちだったのは、体調が悪かったから。店を辞めたのは、闘病に専念するためだし。
それに、私とその子、仲悪くなかったし、むしろその子は私にお客を譲れてよかったって言ってた。
だけど、そういう真実を捻じ曲げて意地悪く解釈する人もいるんだよね。
それを裏垢なんかに書かれたら、なんか「人は言わないけど、私だけは知ってる裏事情」みたいになっちゃう。
そして、それが本当の真実みたいな感じになって回っちゃう。
その裏垢知ったのも、お客さんからの情報だったんだけどさ。
一生懸命にやってる人の足を引っ張らないでほしい。
手コキ
プチ援

クンニ好き

私の主人はあまりセックスが得意ではありません。付き合っているときは一生懸命に私を気持ちよくさせようとしてくれていたので、いつかはセックスが上手になるだろうと思っていたのですが、最近は手抜きになってきて私は全く気持ちよくありません。セックスが気持ち良くないことが原因で離婚はできませんから、子供のためにも私が我慢するしかありません。

どうしてもエッチがしたくなった時は、出会い系を利用しています。子供が学校に通っている時間を利用して、男性と遊んでいるのですが、最近はセフレができました。その彼とは偶然暇な時間が一致したので、一回限りの約束でエッチをしました。でも彼はクンニ好きで、私が今まで忘れていた快感を思い出させてくれました。そのエッチが忘れられなかったこともあって、私からまた連絡し頻繁に会うようになりました。
クンニしてほしい主婦の私が舐め犬募集で見つけたクリ舐めの達人

クンニ好きの彼は、いつでもどこでも私を求めてくれます。夏は海にドライブにでかけたのですが、人気の無い駐車場で、クンニをするほどクンニ好きです。夏だったので、車内が私のにおいで充満してしまったのですが、音や声が漏れるため窓も開けられません。お互いに汗をたらしながらエッチをしたほどです。

最近はクンニ好きの彼のことが忘れられなくなってしまい、主人とエッチをしていても彼のことを想像しています。そして想像のせいでいつもより濡れてしまうので、主人は喜んで1人で盛り上がっていますが、浮気をしているとは気づいていないと思います。彼のおかげで家庭も円満に維持できていますし、私も肌つやがよくなり若返ってきました。家族には絶対に知られないように気をつけながら、これからも彼との逢瀬を楽しみたいと思っています。

援助掲示板
JCとの援交

36歳既婚男性会社会社員の愛人募集

私が愛人契約を結んだ女性は友達のお姉ちゃんです。
きっかけはもともとその友達とは凄く仲が良く、友達同士の集まりもBBQだとか何かあれば集まるような家でした。
その為、その友達の家族とも仲が良く、中学生のころから良く面倒を見てもらっていました。
その友達は同級生になり、お姉ちゃんは8歳年上でした。
友達の間や知っている人は声を揃えて美人というほど美形の家族でその友達もイケメンでモテる感じの奴でした。
今から考えても中学のころから年上でまた友達のお姉ちゃんというシチュエーションにエロさを感じながらも憧れていたので愛人契約が結べた時は本当に喜びを覚えました。
しかし、愛人となると友達に対しての信頼も失う可能性も大きいことから悩みに悩みましたが昔とは違って同じ家で住んでいるわけでもないし、バレないことを最優先として愛人関係をスタートさせました。
私が参考にしたのは、パパ募集でお小遣い~掲示板でお金くれるパパ探しの上手なやり方というサイトの方法です。
お姉ちゃんとの馴れ初めは私が一時期知り合いのお店でバイトしていた時にそこにお客さんとしてきて会ったのが一番始めで、始めは同級生の友達の話題から話が始まり、お酒が入るにつれてお姉ちゃんの現状を聞いたりしていました。
バイト終わりに飲み直すことになり違うお店に行ったのが大きな前進。
既婚者である悩みを打ち明ければお姉ちゃんの悩みも聞いてあげたり互いに仲良く、またその日を境に何度か飲み行くような間柄になりました。
そこまで関係が深まったことからパパ募集してるよ。なんて冗談を言ったりしてはあわよくばなんて事を望んでいました。
そんな知りあってからの一連な流れからお姉ちゃんも徐々に男として見てくれるようになり、もちろんそうなってからなんですが友達にはお互い秘密にって事で遊ぶようになり、お姉ちゃんが彼氏と別れた時に初めてお姉ちゃんの口からパパ募集まだしてる?って言われ世間体でいう愛人となりました。
しばらくは愛人契約を交わした愛人として会う時は決まってバレないようにお姉ちゃんの家の近くでありながらもちょっと離れた場所で会ったり、ドライブで遠くに行って楽しんだりしていました。
今では友達にバレることなく終了したので普通に過ごしていてこの間友達の実家での集まりで会った時なんかは二人だけの秘密があることからなんか変な気持ちの高なりをお互い感じていました。
もう愛人関係に戻ることはないけど本当に良い愛人で色んなことをある意味年上の女性に教わった私にとっての良い思い出になっています。”

43歳既婚男性会社経営者の愛人募集

愛人募集をしてみたところ何人からの女性からアプローチをされまして、一人ずつ面接がてら食事に出かけました。
まさか…だったのですがそのうちの一人の女性が取引先に勤務している女性従業員だったのです。
よく行く取引先出ても素敵な笑顔を見らてくれていた24歳のノノカちゃんと言う子で待ち合わせ場所で彼女を見てほんとうに驚いてしまいました、互いにとっても気まずくなってしまいましてね年甲斐もなくしどろもどろしてしまいまして。
でもここまで来てしまっていますから、とにかく食事だけでもということでレストランに向かうことに、終始俯いているノノカをみて何とか緊張をほぐしてあげないといけないと思いましてとにかく可愛をするようにしました。
「まさかだよね、こんなことで会うなんて」
「…は、い…」
「どーだろ、もう変に隠すこともないから言っちゃうけど愛人の話受けてくれない?、2人だけの秘密で」
この言葉に彼女も感じる部分があった様子で「秘密で…ですよね」とその気の様子になってきました。
運ばれてきた食事をするとずいぶん落ち着いてきた様子で食後の珈琲を飲みながら先ほどの話の続きをしました。
「大丈夫、ちゃんと秘密は守るしお金も出すよ」
「はい…、そうですよね、はい…お願いします…」
とようやく良い返事が帰ってきました。
とにかく少しだけ時間を空けたほうがいいだろうと思いその日は食事だけで終わらせて、連絡先の個人の携帯番号とメールを教えて数日後にまた会う約束をしました。
今度は飲酒をしながら愛人の話を詳しくして、その日のうちに肉体関係まで持って行きようやく愛人として成立。
愛人募集をしてまさか顔見知りに会うなんて、こんなこともあるものなんですねぇ。