カテゴリー別アーカイブ: 日曜

車内プチ援

車内プチ援とは、男の車の中でやるものだと思っていたのだが、割り切り掲示板で話を決めたチカさんが待ち合わせの目印として指定してきたのは、コンビニの駐車場に止めてある黒いステーションワゴンだった。その通りに、そのコンビニには目印の車が駐車されていて、車体に凭れながらスマホを見ているチカさんの姿があった。スラリと長身でベリーショートの快活そうな女性だった。「チカさんですか?」と声をかけると、スマホから顔を上げたチカさんは「こんにちわ」と目を細めた。
「うん、私の車ですよ」と、チカさんに促されるまま乗車した僕に返事しながら、彼女はエンジンに火を点れた。タバコや食べ物などの不快な臭いがしない清潔感溢れる車内だった。
チカさんは、このマイカーで時間が空いた時に車内プチ援をしているそうだ。車内って男が車を持ち込むイメージを持っていた、と言うと「そりゃ確かにそうかもしれませんね」とチカさんは笑った。だいたい、マイカーを持っているような女性には援助交際なんて必要ないだろう。金銭的に困っているようには思えない。
セフレの作り方を完全習得して2人の女子大生と大人の関係
「いえいえ、そんなことないですよ」と、人気のない立体駐車場に入った僕は、さっそくチカさんのサービスを受けた。チカさんは僕が座っている助手席のシートを倒すと、そのまま僕に覆いかぶさってきて熱いキスをしてくれた。「車は私にとって生きるために必要な経費ですから」とチカさんは言った。チカさんはバツイチであり離婚協議の財産分与の時に親権と車だけは勝ち取ったのだそうだ。そんな話をしながら、チカさんが生きるための必要経費の中で、体を密着させた手コキに僕は果てた。
そして、駅の近くまで送ってもらった僕は、このまま別れるのも名残惜しいと思い、お茶でもどう?と誘ってみた。「ありがとう、でもごめんなさい。これから行くところがあって」とやんわりと断られた。どこに行くの?と聞くと「娘を保育園へ迎えに行くんです。来年から小学校だからお金いるんですよね」とチカさんはちょっとはにかみながら答えた。車と娘、どちらもチカさんが生きていくために必要なかけがえのない財産なのだろう。
浮気したい
人妻の不倫

センズリの見せ合い

地方によって、隠語って違ってくるんだなと思ったんだけど、俺の彼女、某奥地の出身なのね。
大学の時に知り合って付き合いだしたんだけどさ。ちょっと色んな言葉で時々方言が出て、分からない時がある。
オナニーの見せ合いしようと提案した時はびっくりした。
「え?オナニー?・・・・あぁ、センズリの見せ合いのことね」って言われて、「は?センズリの見せ合い?」
それで、お互い「オナニーだろ」「センズリだよ」って言い張って。
結局俺が折れて「じゃ、センズリの見せ合いしよう」って言いなおしたんだけどね。
「お前の地元、センズリって言うんだ?」ってあらためて言ったら「え?全国的にセンズリなんじゃないの?」って当たり前の顔して言われた。
いやいや、センズリって・・・普通、オナニーとかマスターベーションとか。。。
センズリって言葉知らない人の方が多いんじゃないかなぁ。
テレフォンセックス
センズリなんて言うと、日本古来の特殊な大人のおもちゃを使ったプレイってイメージしちゃう・笑
「じゃ、センズリの見せ合いも、縛りを設けよう」なんて彼女言いだして・・・。
縛りってその縛りかよ?って思った・・・ヒモ持ちだすんだもん!
「私もヒモでセンズリするから、(俺)くんも、ヒモでやって見て!」だって!
どうすんだよ、ヒモで・・・やったことねーし。
「えー、うちの地元では、ヒモでセンズリすると気持ちいいってみんな言ってるよ?」
っていうか、お前の地元、どういうところだよ!
センズリ王国か!センズリが支配してる国なのか?
オナニー鑑賞
オナ見せ